受験生のための情報

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

 経済学類では,多様な社会的課題に対応できる人材の育成を目指し,一般入試に加えて,高校の専門教育を主とする学科又はそれと同等な総合学科からの進学希望者を対象とする推薦入試,および帰国子女入試・国際バカロレア入試・私費外国人留学生入試を設けています。経済分野に対する興味・関心と,勉学に対する強い意欲を持ち,基礎的資質に優れた人材を求めます。

求める人材(経済学類共通)

  • 経済学・経営学に関する体系的知識を学び,現代社会の諸問題の分析と解決に挑みたい人
  • 国や地域社会の仕事に携わるために必要な専門的知識を身につけたい人
  • 国際的な社会経済の日々の出来事に鋭敏にアンテナを張り巡らせている人
  • 営利・非営利のビジネスに関心を持ち,将来これらのフィールドで活躍したい人
  •  

入試概要

金沢大学経済学類では、一般入試、推薦入試I、帰国子女入試、国際バカロレア入試、私費外国人留学生入試、を行っています。入学を希望する方は、受験資格に応じて試験を選択し、受験してください。

選抜の基本方針

  • 一般入試:基礎学力に加え,外国語・数学の能力を重視します。
  • 推薦入試:現代の文化・社会・経済に関する文章を理解する能力,論理的思考力,表現力に加え,平素の学習活動や大学入学後の計画等を重視します。
  • 帰国子女入試:現代の文化・社会・経済に関する文章を理解する能力,論理的思考力,表現力に加え,高校時代における体験や大学入学後の計画等を重視します。
  • 国際バカロレア入試:現代の文化・社会・経済に関する日本語の文章を理解する能力,論理的思考力,表現力に加え,社会的課題解決への意欲,国際的に活躍する熱意や大学入学後の計画等を重視します。
  • 私費外国人留学生入試:日本語の文章に関する理解力,論理的思考力,表現力に加え,大学入学後の計画,大学の授業を理解するための基礎的知識等を重視します。
  •    

    一般入試

    一般入試は、センター試験と個別学力検査の合計によって選抜を行う入試です。一般入試の詳しい受験要件、試験科目、配点等の情報については、「入学者選抜に関する要項」をご確認ください。こちらページにアクセスしていただくと学生募集要項を確認できます。

       

    参考:平成30年度経済学類合格者の入試成績結果は以下のようになっています。

      大学入試センター試験 個別学力検査等 合計
    配点





    配点












    前期日程 950 815.0 620.0 710.1 600 536.0 324.0 416.0 1550 1278.0 1067.0 1126.1

推薦入試I

推薦入試Iは、商業科などの専門教育を主とする学科や総合学科で専門教育に関する一定の単位を修得した者(修得見込みの者)を対象としたものです。推薦入試の詳しい受験要件は、「入学者選抜に関する要項」をご確認ください。こちら
ページにアクセスしていただくと学生募集要項を確認できます。

私費外国人留学生入試

日本国籍を有さず、かつ一定の条件を満たした者が対象となる試験です。詳しい受験要件は、「入学者選抜に関する要項」をご確認ください。こちら
ページにアクセスしていただくと学生募集要項を確認できます。また私費外国人留学生として受験したい方の参考になるページを韓国語中国語で用意しています。

▲このページの先頭へ

入学前に読むといい!経済学類教員推薦図書リスト

経済学類では経済学・経営学を中心として様々な分野を学習していくことになりますが、その際には単に講義に出席するだけではなく様々な社会・経済問題に関心を持ち、情報を集めておくことが必要になります。

そこで経済学類では、皆さんの学習意欲を高め,そして今後の研究や情報収集に役立つように図書リストを作成しました。比較的読みやすいものを選んでありますので、ぜひ図書館で手に取って読んでみてください。

図書リスト

  • 根井雅弘『経済学はこう考える』 ちくまプリマー新書、2009年
  • 伊東光晴・根井雅弘『シュンペーター――孤高の経済学者』 岩波新書、1993年
  • 春山昇華『サブプライム問題とは何か――アメリカ帝国の終焉』 宝島社新書、2007年
  • 田中素香『ユーロ――その衝撃とゆくえ』 岩波新書、2002年
  • 神野直彦『「希望の島」への改革――分権型社会をつくる』 NHKブックス、2001年
  • 福島清彦『ヨーロッパ型資本主義――アメリカ市場原理主義との決別』 講談社現代新書、2002年
  • 内藤正典『ヨーロッパとイスラーム――共生は可能か』 岩波新書、2004年
  • ナガイケイ・谷島憲明『翔んでるケインズ』 富士書房、1983年
  • ジョン・ケネス・ガルブレイス著『バブルの物語』 ダイヤモンド社、1991年
  • 大竹文雄『競争と公平感 市場経済の本当のメリット』 中公新書、2010年
  • 吉本佳生『日本経済の奇妙な常識』 講談社現代新書、2011年
  • 岩田規久男『ユーロ危機と超円高恐慌』 日本経済新聞出版社、2011年
  • 阿部彩『子どもの貧困 日本の不公平を考える』 岩波新書、2008年
  • 大泉啓一郎『老いてゆくアジア 繁栄の構図が変わるとき』 中公新書、2007年
  • 湯浅誠『反貧困 ――「すべり台社会」からの脱出』 岩波新書、2008年
  • 森岡孝二『就職とは何か ――〈まともな働き方〉の条件』 岩波新書、2011年

▲このページの先頭へ

入学までに身につけて欲しい教科・科目等

 

地域においても、国際的な分野においても、人間社会で活躍するためには、国語・英語及び情報処理の基本的な力は不可欠です。また経済学類では、特に数学の知識を前提にした授業を履修することも求められます。さらに現代社会の経済及びそこでの日本の位置づけを理解するためには、その前提として地理歴史・公民の知識が必要となります。現代の環境や技術革新の問題を学ぶためには、これと密接に結びついた科学技術の知識が必要であり、理科を学んでおくことも望まれます。

▲このページの先頭へ