経営・情報コース

多彩で実践的な少人数教育で即戦力を鍛える。

「経営・情報コース」では経営学・会計学・情報科学に関する多彩な科目群を学べます。また少人数のゼミでは、実際に企業や生産の現場に出て調査研究を実施したり,具体的なシステムの開発を行うなどの実践的な教育を行い、ビジネスに関する専門知識と実践力を持った人材を育成します。

卒論テーマ例

ファンドによる企業再生ビジネス、購読雑誌から把握する消費者のライフスタイル分析、吉野家から学ぶ企業のコスト管理とリスク管理、税効果会計の現状認識と問題点、インターネット取引と株式市場

卒業後の進路

公認会計士、税理士、情報・通信業、システムエンジニア、マーケティング、ベンチャービジネス起業、サービス業、卸・小売業、金融・保険業、大学院進学

取得可能な資格

学位/学士(経済学)、中学校教諭一種免許状(社会)、高等学校教諭一種免許状(公民)
※いずれも所定の単位を修得した場合。

コースの主要な科目(2〜4年次)

  • 経営学総論A, B
    経営学の基礎理論を理解し、「経営の理論」「経営のセンスを」身につけます。
  • 財務会計論A, B
    企業の資金の流れを説明するための財務会計数値について学びます。
  • マーケティングA, B
    企業は有形無形の商品を市場に供給する役割を果たしています。それを適切かつ効率的に行う理論的仕組み・方法を学びます。
  • 経営管理論A, B
    経営組織がどのように管理されるのか、その理念と理論を身につけます。また、企業活動の変化によってそれがどのように変容するのかについて考えます。
  • 経営情報論A, B
    企業経営における情報の役割を理解し、ビジネスにおける情報技術の戦略的活用について学びます。
  • 生産システム論A, B
    ビジネスプロセスにおける管理体系の合理化を図るために、知的生産・物流 システムの管理手法について学びます。
  • ビジネス・ファイナンスA, B
    企業の財務戦略に関する知識を身につけることを目標としています。
  • 会計学原理A, B
    会計学の基礎理論を学習し、会計学上の諸問題を考える力を養う。
  • 情報科学A, B
    情報、ネットワーク、コンピュータの発展の歴史、仕組み、制度等について学び、世の中に溢れる情報から役立つ情報を取り出すための方法を学ぶ。

▲このページの先頭へ