シンガポール研修

この海外研修では、主に経済学類の2〜3年生を対象に、多言語・多民族・多文化・多宗教が共存し、経済成長著しいシンガポールでの英語研修を企画しています。政府系語学研修施設において、コミュニケーションスキルと異文化対応力向上のためにデザインされた語学研修を受けながら、企業訪問もできます。
シンガポールは、アジアの拠点地域として各国のグローバル企業が進出しており、アジア経済の胎動を経済学類の学生として体感することに意義があります。さらに、現地法人企業との交流企画では、具体的な経済の話をビジネスマンから聞ける貴重な体験ができます。これらを通じ、英語力の向上はもちろんのこと、世界の多様性への関心を高め、アジア経済のダイナミックな動向を肌で感じ、経済専門科目の理解を深めることを狙いとしています。

研修実施予定期間

説明会で案内します。
例)2017年度は2017年8月20日(日)〜9月1日(金)

研修施設

SEAMEO RELC
正式名称:Southeast Asian Ministers of Education Organization Regional Language Centre
住所:30 Orange Grove Road, Singapore 258352

おおよその費用の目安

30万円以下を予定しています。
※多少前後する可能性があります。

説明会

ポータルや掲示で案内しますので、希望者は必ず参加してください。

申し込みについて

申込方法や申込期間等については、説明会で説明します。

研修国の基本情報

正式名称 シンガポール共和国(Republic of Singapore)
首  都 シンガポール(SINGAPORE)
言  語 英語(公用語),マレー語,中国語(北京語),タミール語
通  貨 シンガポールドル(SG DOLLAR/S)
国土面積 約719km2(参考:金沢市 約470km2
宗  教 仏教,イスラム教,ヒンズー教,道教,キリスト教など
気  候 熱帯モンスーン気候に属し,年間を通じほとんど変化しない。
時  差 日本との時差は-1時間。シンガポールの方が遅れている。

問い合わせ先

人間社会学域経済学類 経済学特講Cの担当教員 

▲このページの先頭へ